心が疲れたときに読む本でオススメなのは?心が和む一冊を聞いてみた

心が疲れたときに読みたい本 みんなのおすすめ本
うさぼん
うさぼん

当サイトでは「あなたのおすすめ本教えてください」というアンケートを実施。

こちらのページでは、みんながおすすめした《心が疲れたときに読む本・心が和む本》をご紹介。
よむねこ
よむねこ

おすすめ本の感想は、ご紹介者個人の主観によるものです。

リアルな口コミで、多少のネタバレ、合う、合わないあるかもしれませんが、心が疲れたときに読む本・心が和む本選びのご参考になれば嬉しいです。

 

みんなのおすすめ~心が疲れたときに読む本・心が和む本~

和菓子のアン(坂木司)

ぶっくん
ぶっくん
ぎゅうにゅうさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。

デパ地下にある和菓子屋「みつ屋」で働くちょっとぽっちゃりな女の子・梅本杏子(アンちゃん)のお話です。
個性豊かなお店の人々と働く中で起こるちょっと不思議な謎を和菓子と絡めて解決していきます。

この本を読んでいると和菓子に関する知識も身に着けられるし、何より読んでいて和菓子が食べたくなります!
デパ地下の和菓子屋さんは普段は使わないし、ちょっと敷居が高くて近りがたいイメージがあったのですがこの本を読んで行ってみたいと思うようになりました。
また、各話に出てくるミステリー要素も日常の中でありそうなほんの些細なもので、結末はいつも優しくハッピーエンドで終わります。
人が死んだり不穏な空気になることが無いのでそういうものが苦手な人でも安心して読める作品だと感じました。

和菓子が好き、何か食べ物が登場する本が読みたい、ほっこり癒されたいと思っている人におすすめです。読み終えるのがもったいないと思ったくらい面白い本です!(ぎゅうにゅう 20代 東京都)

 

かなりや(穂高明)

ぶっくん
ぶっくん
ねむねむさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。

東北のとある町に引っ越してきた高校生の上野サチはお寺の住職の息子である同い年の沢村広海に出逢う。
見えない世界を知る彼と話すたび、惹かれていくサチであったが、母との関係に心が軋み始めていた。

勤め先での人間関係に疲れた青年、パニック障害に陥ってしまったOL、医者として生きることの理想と現実に葛藤する町医者など、人生が嫌になる瞬間を生きる人々が、見えない世界と関わりながら、周りの人々とともに再び歩き出すまでを描いた短編集。

始めはサチと広海の話かと思いましたが、何人かの視点で語られており、一つの町での出来事ということで物語られています。
それにより、共通で現れる広海や彼の祖父である住職、沢村家、上野家を多面的に見つめることができるため発見が多く、楽しかったです。

また、悩みを抱えた人々が周りの人々と触れ合いながら、見えない世界、つまり科学の原理やいわゆるあの世とこの世の間にあるような世界を知ることで、また現実でも歩き始める姿はどこか典型的な物語のようでもありますが、それでも彼らが頑張ろうと静かに思うシーンは胸に温かさが染み入るような気分になります。
最近疲れたな、私、頑張っていけるのかなって心配になった人にはちょっとした安らぎを与えられるのでお勧めです。
(ねむねむ 23歳 福島)

想い出あずかります(吉野万里子)

ぶっくん
ぶっくん
ねむねむさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。
鯨崎町の岬の崖下には「おもいで質屋」という看板が立てられた石造りの家があり、魔法使いが住んでいるという。
しかもその存在は20歳未満のこどもにしか知られていないのである。
魔法使いは子供たちの「想い出」を担保としてお金を貸してくれるが、20歳までに取り戻さなければ永遠に返ってくることはないのだという。
鯨崎中学校で新聞部の部長をしている永澤里華はその存在を記事にしようと取材に向かい、これをきっかけに魔法使いと親交を深めていく。
里華は魔法使いや同級生、「おもいで質屋」によく訪ねてくる男の子と触れ合いながら青春時代を送っていくが、魔法使いとの別れの日は刻一刻と近づいていた。いつかは「想い出」になるであろう、魔法使いと少年少女が大人になっていく過程を鮮やかに描いた淡くて愛しい青春物語。
思い出を担保にお金を貸してくれるなんて夢のような話です。嫌な思い出を担保にすれば、ほとんど損はないじゃないか、と幼き頃の私は思ったでしょう。その重要さを知るということが大人になる一つの条件ではないか、とこの本を読んで考えました。藤田香織さんによる文庫の最後についているあとがきは読むことで考えが深まるのでぜひ読んでほしいなと思っています。
また、私がこの物語が好きな理由として、少年少女がありのままである点です。これから一生悩まない、なんて言える若さとそんな人間を冷静に、同時に温かく見守る模倣使いの会話は、子を慰める親のようでほっこりします。青春真っ盛りな高校生や大学生、それからもうすっかり大人だって人にもお勧めできる作品です。
(ねむねむ・23歳・福島)

ヘヴンアイズ(ディヴィッド・アーモンド )

ぶっくん
ぶっくん
こでまりさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。
自由を求めて孤児院を抜け出した3人の少年少女が廃工場で出会ったのは、ちょっと、いや、かなり変わった雰囲気を持つ少女「ヘヴンアイズ」。
どんな時でも、どんな場所でも「天国を見つけることが出来る」不思議なヘブンアイズとの、自分たちだけの小さな、ささやかでいて、でも待ち望んだ自由な生活。
全体に透き通ったメロディが流れているような、そんな透明感に溢れた小説です。
ただ幻想的なだけでなく、どこかしらに重く沈鬱な部分も漂わせた、蛍火の行き交う川のような作品。
子どもには、ちょっぴり怖いところもあるファンタジーとして。
ちょっと疲れた大人には、いつか忘れてきた心の中の宝物や幸せ、Heavenを再確認させてくれます。
この作品を読むなら、断然晩冬~初夏の澄んだ空気の静かな夜をおすすめします。
作風と相まって、きっと不思議な世界に入り込めるはずです。
(こでまり 41歳 千葉)

 

ハルさん(藤野恵美)

ぶっくん
ぶっくん

ニックネームさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。

これは娘が成長して結婚するまでの、父娘物語。
ハルさんはふうちゃんのお父さんで、人形作家です。
妻である瑠璃子さんが亡くなってから幼いふうちゃんを苦労しながらも男手一つで育てていきます。
ハルさんはどこかしっかりしてない雰囲気はありますが、まさに温かいと表現したくなるような優しさがあり、物語全体がその雰囲気で包まれています。

さて、この本は実は日常の謎を解くストーリーで、探偵はなんと天国の瑠璃子さん!ハルさんは依頼者のような、助手のような存在です。
ちょっとファンタジーなのか、それは正直はっきりしませんが、この夫婦の関係は見ていて和みます。
作者である藤野恵美さんは児童文学を書くこともあってか、とても読みやすく、ふうちゃんもイキイキしています。
優しい物語を読みたいなんて人にはちょうどいいのかもしれません。
(ねむねむ 23歳 福島)

置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

ぶっくん
ぶっくん

たけさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。

日頃、あまり本を読まないが、マザーテレサにお会いになってたという事もあり、さらに、テレビなどのメディアに出ていたということもあり、本を読んでみようと思った。

まず、本を読む事が苦手な人でも凄く読みやすい本だと思った。
色々なエピソードが書いてあって、名言が書いており、読み終わったころには、日頃溜っていく心の汚れが洗われるような感じがしたし、心が穏やかな気持ちになった。
渡辺和子さんはクリスチャンなので、キリスト教の教えをもとに書いてあるが、宗教関係なく全ての人に通ずることを書いているなあと思った。

なかには抵抗がある人もいるかもしれないが、今、世の中でもまれて心に余裕がない人にぜひ読んでもらいたい。
あと読みやすく良い本なので学生にも読んでもらいたい。
(たけ 33歳 兵庫)

天山の巫女ソニン(菅野 雪虫)

ぶっくん
ぶっくん

ぷりんさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。

本屋のくじ引きでおすすめの本と出会うキャンペーンで知りました。
舞台は架空の土地で、落ちこぼれの巫女ソニンが天性の力で様々な困難を解決していく物語です。

ソニンは少女ですが、非常に素直で真っ直ぐに生きているので憧れの対象でもあります。
様々な試練も自分のことを信じ、やり遂げる姿はとてもかっこいいし、とても清々しい気持ちになります。

物語の展開がとても早いのですが、そのわりには時の流れがゆっくりです。
1年を非常に細かに書いてあって、読みごたえがあります。
ソニンの成長を見守りながら、世の中ってこういう理不尽なことがあるよね。
なんて思いながら読んでいました。

このシリーズは5巻まであるそうなので、読み進めるのが楽しみです。もちろん、この1冊でも十分に楽しめます。
純粋な心を取り戻したい方におすすめです。
(ぷりん 25歳 茨城県)

しゃぼん玉(乃南アサ)

ぶっくん
ぶっくん

mitosさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。

読んでいるうちにじわじわと入り込んでしまう、心温まる世界観が魅力です。
近年の若者にありがちな、家庭環境の悪さから、心に闇を抱えてしまったひとりの青年は、行くあてもなくお金もなく、ひったくりや暴行を繰り返していました。
ある日青年は、いつものようにひったくりをしました。
しかし、相手に抵抗されもみ合いの末に殺害してしまったのです…

逃げるようにその場を後にした青年は、見ず知らずのおばあさんと出会います。
都会から離れた田舎町に住むおばあさんは、夫を亡くし、ひとり畑仕事をしながら暮らしていました。
しばらくおばあさんの家に住むことになった青年。
その場所で、今まで感じたことのない人の愛情を受け、戸惑いながらも心が変わっていく青年と、愛情の物語です。

この作品に出会ったのは、私が15歳の頃でした。当時私の家庭も荒れており、そんな中でこの本を読んで、ボロボロと涙が出てきました。

人の愛情、優しさがどれほど大切なものか、また、家庭環境が子供に与える影響がどれほど大きいのかがよくわかる心温まる一冊です。
ストーリー自体は非常にシンプルでありますが、田舎町の雰囲気や町の人々の人間味から溢れ出る温かな世界観に引き込まれます。

日々の生活に疲れた方や、癒しを求める方に読んでいただきたいです。
また、映画化もされており、青年を林遣都さん、おばあちゃん役を市原悦子さんが、見事な演技で再現しています。
ぜひ原作を読んだ後に、映画で世界観を堪能してほしいです。
(mitos 27歳 神奈川)

 

空の彼方(菱田愛日)

ぶっくん
ぶっくん
ねむねむさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。

舞台はゲームのようなモンスターが存在し、武器や防具を身に着けて戦うようなThe・ファンジーの世界です。

しかし、純粋なる冒険譚とは異なります。
防具屋の女主人と青年アルを中心とした、送る側の人間と旅立つ人々の物語です。
ソラは特殊な体質のせいで太陽の下に出ることができません。
だから彼女は防具を提供する代わりに、仕事が終わったらこの店に帰ってきて話を聞かせてほしい、と旅人たちと約束をしているのだとか。
この約束には無事に帰ってきて、という強い思いが込められています。

ああ、ソラのような人でありたい、こんな風に人を送り出してあげたい。
そう思わせられるのです。
ファンタジーが背景とはなっていますが、現実から抜け出すというよりも心をそっと癒してくれるような温かさがあるのです。
現実的な世界はもう疲れた、という時に読んでみると、現実逃避のようでありながら、日々を大切にしようとちょっとは思えそうな作品です。
(ねむねむ 23歳 福島)

空の彼方 (メディアワークス文庫)

 

お茶が運ばれてくるまでに(時雨沢恵一 )

ぶっくん
ぶっくん
ねむねむさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。

絵本のような詩集です。
「キノの旅」で有名な時雨沢恵一さんとその表紙や絵を担当している黒星紅白さんのコンビによって作られました。
小説ではないため、読むことが苦手な人でも苦労せずに読めます。

「キノの旅」といえば皮肉な内容や本質を静かに指摘するような内容が多いですが、この詩もどこか似たような要素があります。
しかし、冷めたものの見方ではなく、どこか温かくそっと心を照らすような、背中を押してくれるような詩が多いです。
内心を見透かされてドキッとするような詩もスパイスのように含まれており、それについて考えさせられます。

この本は高校の時に気分が落ち込んで、長い文章が読めないときに手に取り、つい涙があふれてしまった思い出があります。
まさにしんみりしたいとき、カフェでコーヒーを飲みながら読んで思いにふけりたいときに読みたい詩集です。
また、可愛らしい絵は純粋に癒されます。
(ねむねむ 23歳 福島)

お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)

 

光の帝国(恩田陸 )

ぶっくん
ぶっくん
ねむねむさんおすすめ心が疲れたときに読む本・心が和む本です。

この世界には一般人の中に混じって特殊な人々が生きています。
普通は持ちえない能力、例えば、本を一度読めば忘れないちから、相手の未来を見通すちから。
常野(とこの)という地で生まれた一族である彼らは。
人より秀でた力がありながら、それを隠して生きているのです。
この物語は常野一族の日々を垣間見るような、そんな短編集です。

これは私が高校生の頃に初めて買った一冊ですが、その時の私が読んで感動してしまい、それから読書に熱中してしまった本です。
人にはない能力があるっていいなあって思いますよね。
でもこれはいわゆるヒーロー譚ではなく、彼らの生活そのものなのです。

きっと読み終わった後、私たちとは違う彼らに、憧れる以上に愛おしさを感じると思います。
何か物語を読みたいな、でも忙しいから長いのは読めないなと思った人はぜひ読んでみてください。
非日常的人々の日常の世界観は夢を見るような気分になれるはず。
(ねむねむ 23歳 福島)

まとめ

以上、みんながおすすめした《心が疲れたときに読む本・心が和む本》をご紹介しました。

うさぼん
うさぼん

読んでみたい本はみつかりましたか?

気になる本があったらぜひ手にとってみてください。

タイトルとURLをコピーしました